艶つや習慣プラス 産後首イボ 首イボ種類

産後にできる首イボの種類って?

 

 

赤ちゃんを産むまでの間や産後、
女性にとってはとても忙しい時間を過ごすことになります。

 

スキンケアに掛けていられる時間もなく、
いつの間にかおろそかになっていたなんてこともあるでしょう。

 

 

産後は女性ホルモンのバランスも乱れてしまうため、
肌が受けるダメージも多くなり、
首周りがブツブツザラザラしてきた・・・なんてことも。

 

 

そのブツブツやザラザラは、
“老人性イボ”と言われるもので、
肌の老化などによってできるものなのです!

 

 

特に首はよく動く範囲ですし、
皮膚が薄いので、イボができやすい部分ではあります。

 

 

首イボと言っても様々な種類があり、
産後、どのような首イボができてしまうのでしょうか?

 

 

また、産後首イボができてしまった場合
どのように対処すればよいのでしょうか?

 

 

 

 

産後に出来るイボはどんな種類のもの?

 

 

 

産後にできる首イボの
種類はどのようなものなのでしょうか?

 

 

その種類とは、“アクロコルドン”と言われるもので、
急激に体重が増えた場合にできやすいイボです。

 

 

大きさは2〜3oぐらいで、
肌色や茶色のポツポツとした首イボです。

 

 

ウイルス性のイボではないので、
他の人に移ったりするわけではないですが、
ケアしないで放置しておくと知らぬ間に増えてしまうことも。

 

 

 

医学的には証明されていないのですが、
妊娠中にたくさんの血流があるのに、

 

産後になって体が落ち着くと
血流が一気に悪くなり首イボができやすくなります。

 

 

そのため産後、首イボができる原因として考えられるのが

 

 

@ホルモンバランスの乱れ

 

A血流の変化

 

B体重増加

 

 

以上のことが考えられます。

 

 

ケア方法はないの?

 

 

産後、忙しいのでゆっくりとできる暇もなく、
睡眠時間もゆっくり取るのも難しいですよね。

 

 

そのため乱れてしまったバランスを、
正常に戻すことも簡単にはできないでしょう。

 

 

できてしまった産後の首イボは、
皮膚科などで除去が必要になることが多いです。

 

 

しかし、皮膚科にかかる暇もないので、
そのまま放置・・・なんて方もいるのではないでしょうか?

 

 

それではいつまでたっても、
首イボを治療することはできません!

 

 

また、できている首イボが、
もしかしたらウイルス性のイボだったなんてことも考えられます!

 

そのイボを触った手で赤ちゃんに触れると、
もしかしたら移ってしまうことも・・・

 

 

首イボができていた場合、
種類に関係なくイボには触れないように気を付けたり、
手を清潔にするのを忘れないようにしましょう。

 

 

時間がないといっても、
スキンケアは欠かさずして、綺麗な肌を保ちたいですよね。

 

時短でケアできる
首イボ専用のスキンケア商品もあるので、
簡単にケアして楽に首イボを取ってしまいましょう♪

 

     

 

艶つや習慣プラスの公式!